メニュー

医師・スタッフ

院長 菅野澄雄

「基本を大切にするクリニックでありたい」

菅野澄雄

毎年少なくとも一つ、何かテーマを決めて、クリニックが進歩していくよう挑戦してきました。

新しい診療について勉強したり、先進的な診療機器を導入したり、予約や事務の仕組みを改良したりと、クリニックは少しずつでも着実に成長してきたと思っています。

それとともに医師、看護師、事務スタッフも経験を積み、チームワークを育んできました。

平成8年の開院からいつのまにか長い時間がたちました。そんな今こそ、あらためて基本を大切にしたいと思います。病気の苦しみに寄り添い、不安な気持ちを癒やすこと、それこそが医療の本質です。患者さんのお話に耳を傾け、可能な限り時間をかけてお話を聞く。スタッフ一人一人が思いやりの気持ちを持って患者さんに接する。これからも地に足を着けて、地道に歩んで行きたいと思っています。

略歴

昭和61年 聖マリアンナ医科大学卒業
  聖マリアンナ医科大学病院
昭和63年 国家公務員共済組合稲田登戸病院
平成1年 聖マリアンナ医科大学 東横病院
平成2年 国立がんセンター研究所
平成3年 国家公務員共済組合稲田登戸病院
平成4年 聖マリアンナ医科大学病院
平成6年 横浜総合病院部長
平成8年 菅野耳鼻咽喉科を開業
平成16年 医療法人社団菅野会を創設し、理事長に就任

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 補聴器適合判定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医

 副院長 黒田寿史

「目の前の患者さんに最善の医療を」

黒田寿史

耳鼻科医だった祖父が他界したのは、私が高校3年生の時でした。十数年前に閉院したというのに、昔の患者さんが後から後から訪れ、お通夜に参列する人の波は夜中まで絶えませんでした。

近隣の町村で、たった一軒の耳鼻科医院として長い間地域に尽くしてきた祖父に、「お世話になりました」「ありがとうございました」と、たくさんの人たちが言葉をかけるのを見て、あらためて祖父の偉大さを知りました。

文系の大学に進学するつもりの私でしたが、それをきっかけに医師を目指すようになったのでした。

今日も目の前の患者さんに最善の診療ができた――そう言える毎日を過ごすことが、祖父に一歩ずつ近づく道だと思っております。

一つの選択肢になればと考え、近年は漢方薬の研修に積極的に参加しています。関心のある方はお気軽にご相談ください。

略歴

平成10年 聖マリアンナ医科大学卒業
  聖マリアンナ医科大学病院
平成18年 東芝林間病院
平成19年 聖マリアンナ医科大学病院
平成21年 麻生総合病院
平成22年 菅野耳鼻咽喉科 副院長

所属学会・資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 補聴器適合判定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 日本医師会認定産業医

スタッフ

スタッフ

 ある日の集合写真。明るい笑顔とカラフルな白衣でお迎えいたします。
当院では、医師2名を医療スタッフ16名が分担してサポートしています。

 

 

方針

当院では、医師とスタッフが連繋して、次のことを心がけて診療いたします。
  1. 患者さんの立場にたって診察します。
  2. 患者さんの訴えをよく聞き、病気や薬について十分に説明します。
  3. 重度の患者さんには、できる限り早く、最良と考えられる医療機関を紹介します。
  4. 患者さんにとって受診しやすい医院にすべく、医師、スタッフは日々勉強し努力します。
  5. 他の科の診療が必要な患者さんには、その担当医と協力し、耳鼻咽喉科だけにとらわれないようにします。
  6. 急患に対しては、できる限り対応します。
  7. 院内は常に清潔に保ちます。
  8. 小さなお子様連れの方は、受診中スタッフがお子様をお預かりします。

 ホーム当院の特徴医院の紹介アクセス|医師・スタッフ|診療内容

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME